菅田将暉 次男もNHK紅白歌合戦出場!ジュノン・スーパーボーイ・コンテストも?

昨年大晦日の『第70NHK紅白歌合戦』(NHK)に初出場し、米津玄師が作詞、作曲、プロデュースを手掛けた『まちがいさがし』を歌い上げた菅田将暉さんです。そしてその現場には、なんと実の弟もいたそうです。

そこで菅田将暉さんの次男について調べてみました。

皆さんも一緒にみていきましょう!!!

スポンサードリンク

菅田さんの父親は??兄弟は???

「わが家からは長男の将暉だけでなく、次男(23才)も紅白に初出場したんですよ!」

そう明かすのは、菅田将暉の父で経営コンサルタントの菅生新(すごうあらた)さんです。

放送後、『まちがいさがし』のダウンロードが急増し、オリコンのデジタルシングルランキングで通算5度目の1位を記録。菅田の歌声が視聴者の心に響いた何よりの証ではないでしょうか。

初出場とは思えない堂々としたステージを披露したが、実は、弟も“紅白デビュー”していたそうですよ。

「次男は、RADWIMPSの『天気の子 紅白スペシャル』内の『グランドエスケープ』でバックコーラスとして出場したんです。正直、歌唱力は将暉も認めるほどですよ(笑い)」新さんはコメントされています。

次男は現在は駒沢大学時代に鳴声刺心(めいせいししん)というアカペラサークルに所属しているそうです。歌がとても上手だそうで、なんと大学の歌うま選手権のファイナリストになっているという実績をもっています。

大阪出身の菅田さんは、3人兄弟の長男。デビューのきっかけは、イケメン俳優への登竜門として知られています。

『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』だが、大学2年生で20才の三男も、かつてこのコンテストに出場したこともある有望株だそうです。兄弟でイケメンとはびっくりの事実ですよね。

そして今回、紅白に出場した次男は、大学時代にアカペラグループに所属し、学生アカペラ全国大会で2年連続優勝したというたしかな実績を持っています。その実力が評価され、なんと紅白出場につながったそうですよ。

次男は昨年大学を卒業して企業に就職しているそうです。。営業マンとして全国各地を飛び回りながら、今もアカペラグループで活動しているそうですよ。将暉の紅白出場決定直後に次男の出場も決まり、家族全員で驚いたそうですよ。

当日、菅田の両親は自宅のテレビの前で、2人の息子の晴れ舞台を見守ったそうです。本番では、偶然にも菅田さんの直前が次男の出番だったようです。

何かと接点があったようで、リハーサルの時から兄弟で声をかけあったりしていたそうです。菅田さんは今までに経験したことがないほど緊張したようですが、近くに弟がいたことで心強かったみたいですよ。

スーパー3兄弟を育てた新さんによれば、「わが家に伝わる成功哲学は、“何ごとにも挑戦していくと自分の道が開ける”」とのことだそうです。これは実行していくっきゃないですね!!!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、菅田将暉 次男もNHK紅白歌合戦出場!ジュノン・スーパーボーイ・コンテストも?というタイトルでまとめてみました。

菅田将暉さんの益々のご活躍を一緒に応援していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする