宮川大輔 イッテQ!「祭り企画」の“復活”?なに祭り?優勝した?

イッテQ!ファンが待ち望んでいた「祭り企画」の復活が決まりました。

そこで今回は宮川大輔さんについて調べてみました。

皆さんも一緒にみていきましょう!!!

スポンサードリンク

プロフィール

本名
宮川大輔
生年月日
1972年9月16日
現在の年齢47歳
出身地京都府
血液型B型
活動内容お笑いタレント
所属グループ元チュパチャップス
所属事務所吉本興業
主な作品世界の果てまでイッテQ!

宮川大輔さんのお嫁さんは、「マーコ」という愛称で親しまれています。宮川大輔さんがマーコと呼んでいるのでしょう。

たまに宮川大輔さんがお嫁さんの話をするときや、芸人の間で話すときには、「マーコ」と呼んでいます。宮川大輔さんの周りでは、マーコ=お嫁さんというイメージが定着しているでしょう。

スポンサードリンク

お祭り男が帰ってきた???

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。世界各地の祭りに参加する様子が評判を呼んだお祭り男は、テレビ画面から消えて久しいです。
原因は201811月に『週刊文春』が報じた「祭り企画のやらせ疑惑」に端を発する。現地の祭りとして紹介された「ラオスの橋祭り」や「タイのカリフラワー祭り」が、実際には存在せず、番組サイドが作り上げたやらせだと、住民の証言などをもとに報じられたからです。
日テレは現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したものではないと、テレビ局としてやらせには関与していないとの態度を取りつつも、祭り企画の休止を早々に決定しました。

この報道と一連の対応で、視聴率は低下。それまで日曜夜8時は『イッテQ』の独壇場だったが、報道から約3か月後の2019年2月には、裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に視聴率トップの座を明け渡してしまったのです。

宮川さんはこの状況にとても心を痛めていました。常々、“今の自分があるのはすべて祭り企画のおかげ”“命をかけてやっている”と話していましたから。宮川さんは番組MCの内村光良さん(55才)に“自分の企画が迷惑をかけている”と、涙ながらに苦しい思いを明かしていたそうです。

そこで、内村さんが立ち上がったそうです。視聴者からの批判も予想されますし、スポンサーとの折衝も必要。祭り企画の復活が簡単ではないことは内村さんも十分わかっていたことでしょう。それでも、番組サイドと何度も話し合いを重ね、今回やっと復活が決定したようですね。

今回、宮川さんが参加したのは、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された『フルーツケーキ飛ばし祭り』。フルーツケーキを投げ、距離と正確さを競ったり、へらにのせたケーキを落とさないように運び、俊敏性とバランス感覚を競うなど、計4種目で争われる祭りだ。1996年に始まり、現在では地元の風物詩になっている。今年は約500人が参加したようですね。

“やらせ”報道後、初の祭り企画の収録とあって、進行はかなり慎重に行われたようです。

収録に参加したタレントは宮川さんだけでしたが、番組スタッフは15人ほどいましたね。宮川さんは開催日前日にとても熱心に練習していたようですね。

以前の「祭り」収録は、スタッフがわずか4人ほどだったと伝えられている。15人と大幅に増員したことからも、企画の復活にかける番組の決意が伝わってきます。

放送日は2月16日のようで今のところ大々的に告知はせず、さりげなく流す予定。これは宮川さんと内村さんの考えのようです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、宮川大輔 イッテQ!「祭り企画」の“復活”?なに祭り?優勝した?というタイトルでまとめてみました。

宮川大輔さんの益々のご活躍を一緒に応援していきましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする