U-23日本代表 過去のアジア予選の監督は?東京オリンピックは森保監督?

サウジアラビア、シリア、カタールという中東諸国と3試合を戦って、1分2敗の勝ち点1でグループ最下位になりました。五輪本大会に参戦し、メダルを目指すU-23日本代表がこれほどまでの惨敗を喫したのは、Jリーグ発足以前に遡らなければならないほどの事態です

そこで今回は、U-23日本代表について調べてみました。

皆さんも一緒にみていきましょう!!!

スポンサードリンク

今までのU-23日本代表の歴史は???

96年アトランタ、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン、そして2016年リオデジャネイロと、93年以降の日本はここまで確実にアジア予選を突破し、大舞台の切符を手にしてきました!!

山本昌邦監督(現解説者)率いるアテネ五輪代表が最終予選のUAEラウンドで集団下痢事件に見舞われたり、予想外に苦しんだ反町康治監督率いる北京五輪代表に対して当時の川淵三郎・日本サッカー協会会長(現相談役)が「ピチピチ感がない」と苦言を呈したり、ロンドン五輪代表を率いた関塚隆監督(現協会技術委員長)が中立地・ヨルダンでシリアにまさかの敗戦を喫して絶望感に打ちひしがれたりと、過去の代表にはさまざまな困難あったのは事実ですがそれでもアジアの強豪国として最終的には地力の差を見せて何とか乗り越えてきました!!日本はアジアでの強豪国の確固たる地位を築いてきました。

スポンサードリンク

今回の結果が意味することは???

https://www.instagram.com/p/B7XbXd8BW_p/?utm_source=ig_web_copy_link

厳しい意見ですが森保一監督率いる今回のU-23日本代表はその歴史を自国開催でもうすでに出場権を得た状態で臨んだ大会で欧州組の主力が呼べなくて国内組の多くがオフ明けでコンディションが悪かろうと、タイでの暑熱対策がうまくいかなかろうと、アジアの強豪国としての確固たる地位を築き上げた日本の1次リーグ敗退という事実は変わらないしとてもショッキングな出来事でありました。

「日本のユニフォームを着て出ている選手たちはアイデンティティを持って戦わなければいけないわけで、それが他の国と劣るようであっては困る。全てにおいて勝っていかなきゃいけないのは我々の宿命。それに対する責任を痛感しながらやらないといけない」

田嶋幸三会長もこう強調していた通り、今回のチームがどんな理由であれその重責を果たせませんでした。

東京五輪アジア最終予選を兼ねる今大会で惨敗したことは、単に五輪本大会に響くだけでなく、8月末から始まる2022年カタールワールドカップアジア最終予選にも影響するかもしれません。

アジアの強豪国という絶対的な地位が揺らいだ大会になりました。日本が受けたダメージそして対戦国が得た自信が今後どのように影響してくるのか?

現在のA代表の主力は長友佑都(ガラタサライ)や吉田麻也(サウサンプトン)を筆頭に何年も軸を担っているベテランが多い。大迫勇也(ブレーメン)や酒井宏樹(マルセイユ)らは過去2回、柴崎岳(ラコルーニャ)や原口元気(ハノーファー)、遠藤航(シュツットガルト)も1回、本大会を経験している既存戦力だ。そこに森保体制になってから南野拓実(リバプール)や中島翔哉(ポルト)、冨安健洋(ボローニャ)ら新顔が数人加わったものの、最終予選突入後はフレッシュな若手がさらに食い込んでこなければ、戦いは厳しくなることが予想されます。

その可能性を秘めた五輪世代がアジアで勝った経験を得られなかったのは今後のA代表にどのような影響があるのか?が気がかりではあります。

アジアでの日本戦での対戦国の勝利へのイメージが変わってしまうのが危惧されるところです。

スポンサードリンク

今回の結果は森保体制の今後にに暗雲が立ち込めるという深刻な事態に直面しています。監督解任論が高まる中、田嶋会長や関塚技術委員長は現体制の支持を表明しているが、最終予選で指揮官が采配を振るっている保証はないです。

新たなチーム作りを余儀なくされることも十分にあり得る。後任候補の考え方次第では1年半の積み重ねが生かされなくなるだろうし、選手の序列も変わる可能性もあります。チャンスが生まれてモチベーションが上がる選手もいる一方で、現在のコアメンバーにとっては不安であります。

特に今は大事な時期でありそれがクラブでの選手のパフォーマンスに響かなとも限らないからです。

森保監督は「3月のインターナショナルデーは五輪優先にすることも考えている」と発言しています。ということは現在の考えられる最強メンバーで臨むことになります。

注目していきましょう!!!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、U-23日本代表 過去のアジア予選の監督は?東京オリンピックは森保監督?というタイトルでまとめてみました。

U-23日本代表の益々のご活躍を応援していきましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする