桐生祥秀(きりゅう よしひで)日本生命で年齢や大学は?サニブラウン選手には?

日本人初のオリンピック100m決勝の舞台に立てる事、リレー金メダル取れる事を期待されています。

そこで今回は、桐生祥秀さんについて調べてみました。

皆さんも一緒にみていきましょう!!

スポンサードリンク

プロフィール

名前:桐生祥秀(きりゅう よしひで)

生年月日:1995年12月15日

年齢:23歳

血液型:

出身地:滋賀県彦根市

身長:176cm

体重:70kg

学歴:彦根市立南中学校ー洛南高校(京都)ー東洋大学法学部企業法学科

所属:日本生命所属

小学校までは、滋賀県彦根市にある『プライマリーサッカークラブ』に所属し、陸上ではなく、サッカーに打ち込んでいたようです。

ポジションはゴールキーパーをしていたそうですね。

彦根市立南中学校へ進学と同時に陸上を始め、3年次は全国大会で2位の成績を納めます

陸上選手として、飛躍したのは高校時代みたいですね。

高校は京都の名門洛南高校に進学しています。

高校に2年次に100m10秒19の記録でユース世界最高記録(当時)高2歴代最高高校記録(当時)ジュニア日本記録(当時)と高校3年次は、100m10秒01の記録で日本歴代2位(当時)高校記録、ジュニアアジア記録(当時)と数々の記録を打ち立ててきました。

高校卒業後は、東洋大学に進学し、大学4年次に100998の日本人新記録、日本人で初めて9秒台に到達しました。

大学卒業後は、大手企業の日本生命に所属契約しています。

桐生祥秀選手は中学時代に、彦根市立南中学校に在籍し、陸上を始めました。

中学生の頃から全国大会に出場していましたが、最高で2位。

高校は京都の進学校洛南高校へ進学しています。

洛南高校は進学校ではありますが、部活動にも力を入れており、バスケットボール部は全国大会にも出場する程の強豪校です。

桐生祥秀選手は高校時代に大きく成長し、数々の高校記録をぬりかえています。

洛南高校卒業後は、東洋大学に入学しています

日本代表が拠点とする味の素ナショナルトレーニングセンターが近かった事が決めてになったそうです。

東洋大学は数多くのプロスポーツ選手や芸能人を輩出している大学です。

桐生選手在学中に競泳の萩野公介選手も在学しており、競技は違えど、話をする中で『自分もオリンピックを目指さないと』と刺激になったそうです。

大学講義でもスポーツマネージメントの授業もあり、練習の意味や目的を理解しながらトレーニングを行う事で、効率性・計画性とういう面ではすごく環境が整っている場所なのかもしれません。

スポンサードリンク

現在は日本生命???

平成30年12月13日都内で会見を開き、桐生祥秀選手は、大学卒業後に日本生命に所属契約することが決まりました

日本生命といえば、日本における大手生命保険会社ですよね。
CM等で見たことがあるかもしれませんが、東京オリンピック・パラリンピックの公式スポンサーも務めています。

日本生命といえば、『東京オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー』です。

オリンピックスポンサーの日本生命と所属契約を結んだ事は、桐生選手にとっても東京オリンピックを目指していくという意味では、最良の選択をしたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

桐生選手のスポーツマンシップ!!

2019年6月に自身の日本記録9秒98をサニブラウン選手に
破られた際、所属事務所を通じて発表されたコメントです。

「記録はいつか破られるものですし、僕も自己記録である日本新記録の更新を目指してきました。次はチャレンジャーとしてハキーム君の日本記録に挑戦していきます。ハキーム君。日本記録おめでとう。日本選手権で一緒に走れるのを楽しみにしています。」

気持ちいいくらいのスポーツマンシップですね!!

悔しいはずですが相手に対してのリスペクトを忘れずにコメントされています。

桐生選手は未知の領域に挑戦する姿勢を崩さず、努力を続けることができる人間でありとてもストイックさがあります。益々、桐生選手から目が離せませんね!!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、桐生祥秀(きりゅう よしひで)日本生命で年齢や大学は?サニブラウン選手には?というタイトルでまとめてみました。

桐生祥秀選手の益々のご活躍を一緒に応援しましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする